アルギニンストレート

こんばんは。

この季節は、髪のまとまりが悪い。
そんな時はストレートパーマをかけるのも良い。
ビフォアの写真が無いのが残念ですが、ご来店時はかなりうねっていました。
アイロンを入れ終わった直後、このように五右衛門風に仕上がる。
20130710_584240
そんな馬鹿な~
なんだかビミョーな感じだが、面白いので続けるとしよう。20130710_584241
パッツパツのストレートになるかと思いきや
20130710_584244
仕上がりは、なんとも自然なのでR20130710_584243
そして一番気になり、一番伸びにくいのがフェイスラインの産毛でR
20130710_584242
めくってみると、こんなに綺麗に伸びているのでR
どうやったら傷めず自然に癖をとれるのか?
技術的な問題もあるのですが、薬剤の違いも大きいのです。
そこで1年ほど前から、
もっともダメージしやすいストレートパーマと縮毛矯正において
ダメージの原因でもあるアルカリ剤の使用を一部止めてきましたが、
今回全ての薬剤のアルカリ剤をアルギニンのみ使用することとしました。
このアルギニンとは、もともと毛髪ケラチンを構成している18種類のアミノ酸であり
唯一アルカリ性である為、
アルカリ剤の代わりに使うとダメージを抑えた施術が期待されるのだ。
もっとも、美容師の腕次第ってことですけどね。

7月15日海の日)は、営業しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください