究極のカラーリングは、ブリーチにあり。

こんばんは。

今日はダブルカラーについて書いてみる。
ダブルカラーとは、その名の通り一旦カラーリングした後
もう一回カラーリングすること。

例えば

こんな感じのリタッチって何気に難しいですよ。

さて、どうする。

この中途半端に明るい根元。
講習会のモデルになってリタッチしたけど、
結局のところツートーーーン
それから1ヶ月経った画
ホントのプリンになっちゃって…
こんなレベルで講習会とかやっちゃダメだよな。
よし、んじゃ店主が完璧めざして仕上げましょう。
10分以内でリタッチ部分の塗布を終えなければダメですので、
ディバイディングラインにたっぷり塗布し終えたら、
すぐさま根元ギリギリまで馴染ませる。
塗布する手順、時間、塗布量、大変重要です。
動画だと塗る手順が解かってよろしいのですが、
人員の都合上無理でした。
綺麗にブリーチしたら、お流しシャンプーしてやりますが

このタイミングで還元剤をつけて
次にのせるティントの邪魔をさせないよう
処理しておく必要があります。

そしたら色を乗せるよ。
ここで失敗するのは、
アッシュにしたいからピンクを足しましたとかって例。
だいたい失敗しますね。
必要なのは、赤みがなくなるまでブリーチしてゆくこと。

この考えから入るのがシンプルだろう。

乗せる色よりブリーチ具合を見極めることが
もっとも大切なんです。

 

仕上がり。

 

ちなみにカラーリングの良し悪しは技術できまる。
そう、塗り方。
そして常に冷静である事。
計算ができなければ美容師という生業は成立しない。

本物のカラーリストはブリーチ剤を使いこなせる人です。

究極のカラーリングは、ブリーチにあり

美容室専売品のネットショッピングなら

Nuff Online Store

 

「究極のカラーリングは、ブリーチにあり。」への2件のフィードバック

  1. このリタッチうまくやりたいとこですね~
    根元と毛先のダメージの違いがまた
    色の深みに影響しますし(^.^)
    何でもカラーさせていただいてきたおかげ様々ですよね(^^)
    着地点が狭いほど職人ダマシイ燃えちゃったりして
    うまくキマルト最高ですよね~
    と、共感120パーセントの記事
    ありがとうございます☆

  2. 浜田省三さんって
    ものすごく
    細かすぎて伝わりにくい
    ギリギリを攻めるタイプですよね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください