ハイライト&ローライトの組み合わせで複雑なカラーリングを楽しむ。

容室の帰りは、どこか寄り道したい気分になる。
そんなサロンを目指したい。
by店主

今回は正にそんなお客様
美容室の帰りはご主人と外食するそうですが、
実はそれが綺麗になったご褒美らしい

良くわからないけど
素敵です!

ハイライト&ローライト

ハイライト&ローライト

こんな感じにカラーリングするのも
1回では無理
やはり回数を重ねながら
明るさを増やしたり
暗さを増やしたり
ハイライト&ローライト
縦軸と横軸のバランスがポイントとなる。
そう、これが

ハイライト&ローライトの組み合わせで複雑なカラーリングを楽しむ方法。

目次

勿論、明るい暗いだけの単純なものだけではなく。
色味も足してゆく
時にはホイルワーク
時にはフリーペイント
極力ダメージを抑える方法も考えてある。

ハイライト&ローライト
ューヨークで研修を受けた時
トップカラーリストが入れたブリーチでのハイライト
仕上がってみたら毛先がトロ毛に…

いや〜勇気もらえるねぇ

なみに
この日のご褒美ディナーはイタリアンとのこと。

一方
頑張った我々の夕食は、となりのらーめん花月

せめてと言ってはなんですが、
ニンニク多めに絞ってバランスとる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 美容院帰りの外食いいですよねぇ~❤
    気持ちスッごいわかります😁

    カラーの感想じゃなくてすいません😅

    • いえいえ
      カラーの感想なんていいんです。
      要は気分が上がるか下がるかですので

      僕としては美容師冥利につきます。

コメントする

15 − 1 =

目次
閉じる