太らせといて、引き締めるわけだね。

 こんにちは。


髪にもコレステロールってブログ書いたんですが、

店主のコレステロール結果が先日届きました。



HDLコレステロールってやつがオーバーらしい。


早食いやめろ!就寝前の夕食をやめろ!

週2日の休肝日を設けろ!30分以上の運動?

な~んて言われましても…



無理



コレステロールが高くなると体に悪いのは承知しております。

はい。



ただ、コレステロールって生きていく上で必要であることも事実なのだ。

だから低すぎても体に大変悪いんです。



ま、HDLコレステロールだし。



んで、髪の毛のコレステロールですがここでも重要な働きをしております。

髪のコレステロールが少なくなると水分量も減少します。

年齢を重ね、

20代後半から髪に変化が起きていることに気づいている方も多いのでは?

特に乾燥によるうねりが出てきてまとまらないなどの症状は、

コレステロールの減少が関係していることが多いようです。



このコレステロール、

CMC(細胞膜複合体)っていう細胞間脂質の一部であり油分でございます。

パーマやカラー、紫外線によっても減少していく訳で、

ここ数年美容室でも注目されています。



ただ、CMCをつければいいって訳でもなく…

ダメージホールとよばれるボイド(空洞)に吸収されたCMCは、

簡単にお湯で流れ出てしまいますから、

実はあまり効果が期待できないってわけです。



そこで、登場したのがコレなんだ。

ひ・き・し・め



キューティクルを引き締めて、簡単に流れ出ないようにする。

となると、どうなるかって?



パーマの持ちが格段に良くなり、カラーの色持ちも良い。

そしてダメージしにくくなるのさ。



ほ~

太らせといて、引き締めるんだね。

アメとムチってやつか。



いろんな使い方があるけど、

店主のオススメは洗い流さないトリートメントとして使う方法


本日から20g 980円(税抜)で販売開始します。

極少量をつけるだけでオッケー

髪にもコレステロール、そして引き締め必要です。











今日もよい一日を~


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

four + 3 =

目次
閉じる