ヘアーアレンジ仕上げの必需品。

amazon USA から昨日届きました。


れが何かと言いますと
ヘアアイロンであります。

外国人のお客様の髪の毛は日本人の髪よりも癖がつきにくく
仮に癖がついたとしても取れやすい。

米人の髪はコシがないので水分によってスタイルが左右されやすいのです。
日本人でいうところの「猫っ毛」ってヤツですね。

これには、髪の水分を抜く作業が必要なのですが
ここでも髪に対する理論を把握することが必要です。

い髪は太い髪よりも湿度の影響を受けやすい。

癖付けのやり方は2パターンあると思います。
1つはスプレーやミストなどのスタイリング剤を付けてアイロンを入れる。
2つ目は、アイロンの性能に頼って髪の水分を抜く。

どっちも間違いではありません。

Nuffでは、海外仕様の高温アイロンを使う選択
高温アイロンですが、温度調整も可能なので日本人にも安心して使えます。

また、水分を抜く考えはその度合いにもよりますがパーマやスタイリングにも影響を及ぼします。
難しい話になりますので割愛しますが、パーマの2液は過酸化水素かブロム酸です。
ブロム酸の塩は少しづつ取れてゆく分けですが・・・


日本メーカーにはない、取り替え用のバネがついてるのも良いですね。
さすがアメリカンスタイル!

摂氏ではなく華氏表示なので一瞬ビッックリします。

 

 

 

年末年始営業のお知らせです。

  • 通常は月・火曜日休み(祝日の場合は営業致します。)
  • 12月27日火曜日は年末の為、臨時営業
  • 12月31日〜2017年1月4日までお休み致します。
  • 日曜祝日の営業時間は10時〜19時までとなります。

ディーラー取扱いの正規品
安心のインターネット通販ならfofo

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

seven + 14 =

目次
閉じる