バンズ、インソール交換

Vansもコンバースもそうですが、
古くなってくるとインソールがへたるか、
カチコチになります。

そんなの捨てなさいよ
はい、分かっております。

お待ち下さい。
お気に入りで、入手しにくい品であれば
メンテナンスして履き続けるって選択もあります。

しかし、
多くのローテクスニーカーは
インソール交換が出来ないので
中敷を入れるしかないのが現状でしょう。

さりとて中敷を追加すると狭くなる…
そのうえ市販の中敷はダサすぎる。

どうしたらよいのだろう

ここに、良い方法があるので紹介しよう。
Vans インソール交換
まず、このように元々ついていたインソールを剥がしますが
劣化していればいるほど簡単に剥がれます。
この場合、左が劣化していたのでキレイに剥がれています。
Vans インソール交換
そうしましたらボロボロのVansを1足用意して
Vans インソール交換
こんな感じで、アッパーをハサミでカットします。
Vans インソール交換
中心のグレーの部分が強力にくっついているので、
1番下のところにヘラなどで隙間を作り
剥がしていきます。
この時、
スポンジの下にあるグレーのベースごと剥がします。
Vans インソール交換
こんな感じで剥がせます。
この時のポイントは、つま先から剥がす事。
ここさえ押さえれば上手くいくのですが、
焦らず慎重に行う事が重要です。
Vans インソール交換
最終的にハサミで大きさやサイズの微調整をしますが、
若干大きめにカットする事で
靴の中が安定します。
間違って小さくなった場合でも
裏をシューグーで接着すれば問題ナシです。
Vans インソール交換
どうでしょうか?
これであと数年いけそうです。
Vans インソール交換
さらにオールドっぽく仕上げたいなら、
インヒールにレザーを貼れば出来上がりとなります。

Vans インソール交換

Vans Authentic 80″s made in USA

 

8月19日水曜日は、夏休みとさせて頂きます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

six + five =

目次
閉じる