プレアルカリをベースに複数の施術するシリーズ!

こんばんは。

今宵は、ちょっと分かりづらいかもしれないですが、
プレアルカリをベースに複数の施術するシリーズ!
って記事。

日本人の髪質で多いのは赤味が出やすい髪
これ気にしている人、意外と多いのではないでしょうか。

赤を狙っているなら良いのですが、
地毛からなる赤みってのが、どうしても頂けない。
ただこの国の若者、赤みが少なくなってきている気がする。

本日は、残留アルカリを使ったジュネス酸性ストレートのケース
結果的に赤味の無い11レベル程の明るさに仕上げる。

まずクリームブリーチ使って、あえて抜き過ぎないブリーチをする。
勿論、頭皮にはつけないギリギリの塗布。

しばらく放置して、ブリーチ剤をお流しする直前
写真の具合で抜けてないように見えるけど、
流してドライすると↓こんな

派手っ

中途半端なブリーチは、こんな感じになる。
正直、えっ?!
ってなるので、目を合わさない。

ま、こんなもんで良いんで次いきます。

ここからストレートです。
ブリーチ&ストパーって危険ですよね。
ほぼ失敗するパターンですから、、、

ただ、これがまさに残留アルカリ使った酸性ストレート。
ジュネス3:1

さらには加温で20分とかするわけです。

ここはアイロン終わった直後ですが、
なぜかジュネスだと色味が落ち着く気がします。

ここから2液つけて流したら次の行程へ

写真無いですが、、、
ややウェット状態から色味を塗布し放置する事15分

ブリーチアウトしっぱなしのカッツーンとした色を
アッシュ系に落ち着かせる。

これが究極傷めず都合よく施術する例。
「残留アルカリを使う」
ってことです。

ぱぱぁーっとドライ
実際、もう少しアッシュだったけど写真だとわかりづらいですかね

そっからカットした画

どーでしょう。
暗めが流行ってるからといって、みんなが黒くする必要はない。
日本人は、暗めでも柔らかく見せるカラーリングをすべきだ。

ま、今回は全く関係ないけど。

オーダーに対して極力傷ませずに考えた流れです。
今回は分かりやすいように派手な内容でしたが、
普通のカラーリングでもこういった無駄の無い流れで
ダメージと時間を意識した施術を心がけています。

美容室専売品のネットショッピングなら

Nuff Online Store

——————————————————-

 ~顧客の皆さま限定~ 
 店頭でしか買えない商品の配送承ります。 
(300円+消費税を代引き手数料としてご負担願います。)
5,400円(税抜き)以上で送料無料とさせて頂きます。

ご注文の際はお電話か、メールでお願いしますね。
おもな取扱商品はココから→Nuff

後日、代引き領収書をご提示頂けましたら
ナフスタンプを捺印いたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください