カテゴリー別アーカイブ: シネマを語る

最後まで妻夫木くんだと気づかなかった。

映画館に行かなくても
レンタルビデオ店に行かなくても

映画が観れる昨今
店主の場合、amazonプライムで観たりしています。

 

先日は、久しぶりの映画館へ

「ミュージアム」
ミュージアム

まぁこれが結構面白いんですが、映画あるあるの
最後がね・・・パターン

いやこれは
予告に「最悪を期待する」とあるように
つい期待してしまった自分が悪いんだな。
ミュージアム
でもね、面白かったのでオススメですよ。

少しだけ似てるのですが、この映画を観ると
デビッド・フィンチャー監督の「セブン」を無性に観たくなるハズ。

こっちは相当ヤバいです。
真犯人は?
知られざる15の真実?

今回は、そんなシネマを語るでした。

 

 

年末年始営業のお知らせです。

  • 通常は月・火曜日休み(祝日の場合は営業致します。)
  • 12月27日火曜日は年末の為、臨時営業
  • 12月31日〜2017年1月4日までお休み致します。
  • 日曜祝日の営業時間は10時〜19時までとなります。

ディーラー取扱いの正規品
安心のインターネット通販ならfofo
フォフォオンラインショップ

 

 

横文字は難しい

先日、DVDを借りようとTSUTAYAに行ったわけですが
そこで・・・
ミリオンダラーベイビー
借りたいものは決めていたわけです。
ですが
どうにもタイトルが思い出せず。

店頭にある検索機であいまい検索することに
クイントイーストウッド

出ませんねぇ
TSUTAYAには無いのかね

そしてふと思う
ントイーストウッドであることに。
いや~横文字は難しい

Million Dollar Baby/2004年/アメリカ/133分
Million Dollar Baby/2004年/アメリカ/133分

Million Dollar Baby

とても深い映画である。
それぞれの解釈、いろんな意見もあるでしょう。
故に考えさせられる内容であることに違いありません。

低予算と37日とうい短い撮影期間で作られた映画にもかかわらず
こんなにも反響を与える
そんな
クリントイーストウッド映画を全て観てみたいと思いました。

自分の夢に全てを賭けるしかない。

 

 

知ったかぶると痛い目に合う

友人のブログで知った映画

インヒアレント・ヴァイス

ポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作品
であります。
有名どころでいえば、
マグノリアゼア・ウィル・ビー・ブラッドなど


この監督だったことは最近知ったんですが・・・
その昔、
もう10数年も前のことです
女子スタッフに「オススメの映画ありますか?」
と聞かれ

得意げに幾つか紹介してさしあげて
大変喜んでいただきました。
その後も「何かオススメありますか?」
と続き

とうとうネタ切れ

ファッション誌に
ブギーナイツオススメって書いてあったのを思い出した店主
つい、観てもいない映画を紹介してしまったのです。

それ以降
オススメ映画を聞いてこなくなった。

後日、借りて観てみたら…..

まさに最近知った
ブギーナイツは、ポール・トーマス・アンダーソン監督作品
だったのだ。
ブギーナイツを知らない方はググるといいだろう。
このやり取りの真相が明らかになるはずだ。

さて、このインヒアレント・ヴァイスという映画

インヒアレントヴァイス
Inherent Vice 2014年/アメリカ/149分

見どころは、
主人公の私立探偵ドック役
ホアン・フェニックスのヘアスタイル

美容師としてはここに注目です。
ヘアスタイルがどんどん変わる
これがまたイイ。

そして
70年代のヒッピーファッション
これもまたイイ。

正直、わかりやすい映画ではないんですね。
こんな時はタイトルが持つ意味を考えるのですが、
そもそも

インヒアレント・ヴァイス=内在する欠陥

の意味を理解するとこが難しい。

タマゴは割れやすい・・・
これはもう1回観ないといけない気がする。

変わってゆく時代に自分は取り残されてはいないか?
確認の意味もこめて

ディナーラッシュ / 2001年 / アメリカ

GWも終盤
せっかくのお休みなのに
理想のお天気ではないな〜

そんな日はシネマを観るのが良い

ディナーラッシュ
dinner rush / 2001年 / アメリカ/ 99分

このディナーラッシュという映画

N.Y.のレストランを舞台にしたサスペンスドラマ
オチもあり、それでもっておしゃれで面白い。

料理できる男はかっこいい

が、
まさに無骨さもまた良し
DUBをBGMに
ワインでも買って
パスタ作りましょうかね。


オフィシャルのサイトは、
のっぴきならない事情でもあったのかね…

「華麗なる」

ってワードが気になる。

なんて思ってると
華麗なる○○○
最近やけに目にする。

・・・そんなもんです。

 

先日久しぶりにDVDを借りまして…
で何を観たかっていいますと

華麗なるギャツビー

華麗なるギャッツビー
華麗なるギャッツビー 2013年/アメリカ/143分

コレ
美容師は好きですよね。
キャリー・マリガンのヘアメイクも良いですし
バレッタなどの小物使いも参考になります。

何気にストーリーも面白くて
飽きないままラストを迎えるわけですが…

ラスト、
一個前のチャプターに戻って確認せざるを得ない
そんな映画でした。

アカデミー賞

監督賞でアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

この監督が凄いな〜って思ったのが

11’09”01/セプテンバー11

セプテンバー11
セプテンバー11

この作品
リンクにあるように
11人の映画監督がそれぞれの”9月11日”を
「11分9秒01」の長さの短編映画に込めた作品なのですが、
この監督だけかが違うんだ。

有名な作品としては
アモーレスペロスなのですが、
これはストーリーもさることながら
ガエル・ガルシア・ベルナルがとてもいい味だしてます。

そして
21グラムでは
ベニチオ・デル・トロを起用したあたりで
とても気になる監督となったってわけです。

ともあれ
とうとう取ったかという感じですね。

新カテゴリー
シネマを語る
俺でした。