ヘアカラーのカブレを防ぐには

「次回につづく」って書いてあったのに
アイロンの記事でずっこけた方もいたのでは?
丁度メーカーよりアナウンスがあったもので、
これはと思い
途中挟んじゃいました。

では本題に
ヘアカラーリングの危険性
頭皮のカブレで1番多いのは、
白髪染めの場合が殆どでしょう。
ディーラーさんの話だと
カラーリングの半分以上が
髪染めなんだとか…

ヘアカラーのカブレを防ぐには

お客様にも手伝ってもらいたい事

直前のシャンプーを避け、
できれば当日洗わずに来店してほしい…
頭皮の皮脂で皮膜を作る事で頭皮を保護できるハズ

頭皮が滲みやすい方は普段から頭皮に優しいシャンプー剤を使用し
頭皮が傷つかないよう優しくもみ洗いを心がけましょう。
表皮が薄くなると免疫力が落ちアレルギーになる可能性もあります。
シャンプー剤に含まれる界面活性剤について詳しく知りたい方は
ここから

美容室でやれること

これはデザインによる事が多いので絶対ではないのですが、
頭皮の事を考えると基本的にはゼロタッチ塗布
これはつまり、頭皮ギリギリからカラー剤を塗布する技法を指します。

ただ白髪染めともなると
結構めんどくさいのでやってるところはあまりありません。
頭皮に付けなければカブレることは無いわけですから
安心この上ないのであります。

とはいえ、
白髪染めで1番気になるのはフェイスラインの生え際
ここが染まらないと染めてる意味が無い
そういっても過言ではありません。

どうしてもフェイスラインが気になるなら

プロテクトクリームで保護して皮膜を作り
塗布するほかありません。
頭皮に付ける範囲を最小限に抑えることが重要ですが
実は、カラー剤にある物を添加すると滲みにくくなります。

また
白髪を活かすハイライトや部分的にカラーリングをして立体感をつけるという方法もあります。

そしてこれもまた重要かと思うのが
ハケです。
新規のお客様に聞いた話なのですが、
以前行ってた美容室は、塗布する時にハケが痛くて
「いいかげん新しいのを買ってちょうだい」
そう思っては、耐えていたそうです。

なるほど貴重なご意見ありがとうございます。
ハケのチョイスも重要なんですね。
塗布しておきながら頭皮を傷つける。
いけませんね。

細歯ブラシが流行っていますが、
アレって歯周ポケットの奥まで届いてかき出す
実際に使うと奥まで届いている感じがしますよね。

もしもハケが極細だったとしたら
毛穴に届くので、これまた危険?
そんな気がしなくもないです。
ハケは寝かせて使いましょう。

カブレについて書いていますが、そう言えばと思い出しました。
カブレって実は、
塗布している間に“滲みる”とか“痒くなる”で起きるというより
後から症状がでると聞いた事があります。
例えば染めた翌日寝て起きたら腫れてたとか…
勿論、
滲みる”とか“痒くなる”がきっかけと考えても良いのですが

もしかしたら後処理が不十分ってことも考えられます。

  • 乳化やシャンプーが不十分でカラー剤が頭皮に残ったままになっている。
  • ジアミンの反応不足
  • アルカリ剤の残留
  • 過酸化水素の残留
  • 諸々薬剤活動中な状態で放置

などです。

地肌につけないでカラーリングすることや
伸びた部分だけに塗布する。
またはホイルワークで立体感をだす。
残留物質の除去
これらはカラーリング剤の種類以上に
セルフカラーでは絶対にできない技術なのです。

 

美容室で行うカラーリングでのカブレ
これはあまりにも雑な施術をされた結果かもしれません。

 

年末年始の営業のお知らせ

 

 

 

お待たせし過ぎたかもしれません。

HAIRBEAURON® [STRAIGHT]
ヘアビューロン®[ストレート]

革新的なテクノロジー

これまでの一般的なヘアアイロンは、使うたびに「熱で髪が傷む」、「髪が乾燥してパサつく」、「ツヤがなくなる」など様々な問題が起きました。
ヘアビューロン®[ストレート]は、リュミエリーナ社の独自技術「バイオプログラミング®」テクノロジーにより、これまでの常識では考えられなかった「髪のダメージから解放」、「使うほどに絹の手触りになる」、「高温でなくともしっかり伸ばせる」、また「老化によって髪のコシが衰えたり、髪の傷みからヘアアイロンの使用を諦めてしまった年代の方でも髪質を美しくプログレスしながらヘアデザインを楽しめる」など、まさに革命的な性能を実現しました。

バイオプログラミング

『場』の量子密度情報を自社理論による黄金比率で組み合わせることで分子や眠っている遺伝子を活性化させる独自技術がリュミエリーナの「バイオプログラミング®」テクノロジーです。 このような新技術開発により、従来の常識では「奇跡」と言われるような製品の開発が可能となりました。
さらにこの理論を医療・製薬、農業、工業など幅広い分野に技術応用する研究を進めています。
ヘアビューロン®[ストレート]にはバイオプログラミング®が施された特殊セラミックスが搭載されています。

01 180℃の高温で、髪質が美しく変わる
180℃もの高温ではタンパク質変性が起き、時には数十秒で髪がちぎれることもあるヘアアイロン。
ヘアビューロン® [ストレート]は、180℃の高温を髪に長く当てても髪質が美しく変わる。
だから美容機器。
※コーティング剤やオイルを塗布した髪に高温のヘアビューロン®を当てると薬剤が熱で化学反応を起こして髪を傷めるので、このようなご使用はご遠慮ください。
02 ヘアアイロンでくせ毛が美しく健やかな髪になる
毎日一定時間使えば、くせ毛が次第にストレートの髪質に変わる。パサついた髪もしっとりと、くせ毛も憧れのストレートになる。使えば使うほど髪が美しく艶のあるしっとりとした髪質にプログレスする。
03 低温でもストレートにできる
低度でもストレートをかけることができるから、自分の髪質にあった温度帯で美しい髪質にする。
04 電源を入れずに髪質を美しくできる
電源を入れずアイロン部位を髪に滑らせるだけで、髪質を美しく艶の深い髪にプログレスできる。
05 10代から80代まで髪質を変えながら使える
くせ毛に悩む10代から、髪質が衰えた80代まで、幅広い年齢層の方が髪質を美しくプログレスできるヘアビューロン® [ストレート]。
だから技術に秘密がある。

製品仕様
商品名 ヘアビューロン®[ストレート]
価格 35,000円(税抜)
型名HBRST-G
重量(コード部を含む) 約382g
サイズ(コード部を除く) [使用時]
長さ293×高さ85×幅29mm
[キャップを装着した格納時]
長さ310×高さ42×幅33mm
電源AC100V~240V 50/60Hz
消費電力46w ±10%
温度40℃~180℃
安全装置 電流ヒューズ
電源コード長2.0m
付属品キャップ(1個)

以上オフィシャルサイトより

 

既に発売となっております
ヘアビューロン(カールアイロン)
ストレートスタイル用アイロンです。
毎日ストレートアイロンでスタイリングしている方に
嬉しいリリースかと思います。

発売の噂はちょいちょいありましたが、
ここにきてやっとといった感じ。

ヘアビューロン®ストレート
HAIRBEAURON® [STRAIGHT]
近日発売!

年末年始の営業のお知らせ

改めて気にされる方が増えたのではないでしょうか?

既に皆さんご存知の通り

ヘアカラーによるカブレ問題
TVで放映された事で

改めて気にされる方が増えたのではないでしょうか?

ヘアカラーは、
1剤と2剤を混ぜ合わせ塗布しますが
この混ぜ合わせる事で化学反応が起きます。
ヘアカラーリングの危険性
セルフカラーの需要も増えているようですが
使いかた次第では非常に危ないといえます。

2つ考えねばなりません。
まずは、頭皮のダメージ
そして、髪のダメージ

じところに何度も塗れば
髪は確実にダメージします。
地毛を明るくする作業と色を付ける作業を行う
カラーリング

これは、
色こそ入っているので分かりづらいですが

同じ個所に繰り返し塗布すると
髪のダメージは金髪と同等です。

特にセルフカラーの方は気をつけましょう。

頭皮ダメージは、
サロンカラーもセルフカラーも危険です。

セルフカラーであれば長時間の放置が危険と言えます。
調合から1時間以内には洗髪しましょう。

サロンカラーで危険なのは、
プロセッサー(加温機)による加温です。
これは
時間短縮の為に使うところが多いのですが、
15分加温とか考えただけでゾッとします。
温するとしてもせいぜい5分でしょう。

また、
あまり知られてないようですが
塗布するときのハケ
これも影響するハズです。

では、このヘアカラーのカブレ
防ぐ方法はあるのか?

 

 

次回につづく

Let Jah Music Play

夜行ってきました

JAH SHAKAのDUBイベント

場所は代官山unit
JAH SHAKA
23時30分スタートってことで
自宅でビール飲んでご飯食べて
ちょっとメンドクサクなったころお出かけ

ンドンから来日したJAH SHAKA(ジャーシャカ)さんを
見るチャンスはそうないですからね。

前座で知合いのDJがプレイすることもあり
それも聴けて良かったんですが
翌朝セットの予約が入っていたので(つまり今日ね)

ヘトヘトにならない程度に遊んで3時前には帰宅しました。
昔ならラストまではいたであろうDUBのイベント
JAH SHAKA
今となってはそんな元気もない
4時30分が限界だ!

バコをやめて12年
悪い空気に敏感な体質へと変わってしまい
本日は喉のイガイガが取れないまま

弱くなったのか?健康になったのか?
よく分からない状態でもある。

 

イベントは大盛況であったと思うが、
本場Londonの
あのスタイルを知っていると物足りなさを感じないわけでもない。