カラーリングで頭皮が沁みて仕方がない。

にカラーリングの場合、その症状が現れやすい。

沁みる原因は、それぞれである。

    • 体調の問題
    • 薬剤の問題
    • 施術の問題
    • 頭皮の問題

     

  • などだ。

    その中でもそれを加速させるのは、
    繰り返すカラーリングやパーマによって水分を取られ乾燥に向かう事

    これこそが、その最たる原因。

    いつもご来店頂いているお客様が、当店の予約が取れず他店でカラーリングをされたそうです。
    すると施術時からピリピリ
    後日フケとカサブタが・・・

    恐ろしい話ですよね。
    確かにそのお客様は敏感肌という印象はありますが、カサブタはヤバイです。

    肌同様、頭皮のケアは絶対です。繋がってますからね。
    しかしながらそのサロンもワザトではなく、打つ手が無かったものとお察し致します。

    界面活性剤をはじめ、薬剤が与える肌への悪影響は少しづつ進んでいきますから美容室での対策は絶対なのです。
    絶対なのですが、本当に対策が出来ているサロンは少ないのだ。

    時代はもうその先の次元に向かっている

    あるメーカーの検証によると、頭皮の保護剤と言われる商材は意味がないことが判明されています。

    どうします?

    少しでも肌の影響を考えるのなら効果のない施術対策よりも、そこに特化したサロンを選ぶことも大切かもしれません。

    今までカラーリングで沁みてたお客様が、ほぼ沁みなくなる。そんな実例が沢山あります。

    肌を守るサロン Nuff

     

     

    ディーラー取扱いの正規品
    安心のインターネット通販ならfofo
    フォフォオンラインショップ

    ローランド
    ローランド / rolland / オーガニック

     

     

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。