抜け毛、白髪、育毛のお勉強会

こんばんは

今日は営業前にサロンにてメーカーさんをお呼びして、毛髪科学の講義をしていただきました

84年育毛剤をメインに作り続けている会社だそうで、素晴らしいですね

抜け毛、白髪、育毛について教わったこと忘れないうちに記しておきます
(お時間あるときにゆっくり読んでいただきたい内容です)

 

まず、抜け毛についてですが、

何故抜けるのか、ご存知の方も多いと思いますが髪の毛には毛が生えて抜けるまでの周期がありそれをヘアサイクル(毛周期)と呼んでいます

髪が生えて伸び続ける期間を成長期といい1日約0.35mm伸びます。
個人差はありますが男性で約3年、女性で約6年です
また、活動が弱まり抜ける準備に入る期間を退行期といい3.4週間くらい、
そして完全に活動を休止する期間を休止期といい約5か月くらいでこの休止期を経てまた成長期に戻るというサイクルを繰り返していきます

抜け毛はこのヘアサイクルの乱れから起こるそうです
抜け毛の一因として、食生活の乱れ、睡眠不足や生活習慣の乱れ、ストレスなどが上げられますがこれらによってホルモンバランスの乱れが起こり、そこからヘアサイクルが乱れる、厳密にいうと成長期が乱れるそうなのです。この成長期の乱れというのは成長期が短くなることを意味しています

ここで、抜け毛の計算をしてみます
頭髪はおよそ10万本あり、成長期を5年とすると1日の抜け毛は54本です。
この成長期が短くなるとどうなるか

成長期がもし3年になると1日の抜け毛は91本になります。
これが一晩にして一気に変わるということはありませんが、最近、抜け毛増えたかも!?のその自分にしかわからない感覚はあながち間違っていないかもしれません

さらにこの成長期の乱れを放っておきますと伸びない毛(うぶ毛)になったり、ヘアサイクルから離脱した抜けっぱなしの状態になってしまうそうです。正直ここまで来てしまうとケアをしても結果が出るのに時間がかかりますが

なんとなく抜け毛が増えてきたかもしれない、という時に始めれば、早い方で半年くらいで徐々に変化がみられるようです

 

次に白髪についてですが白髪もヘアサイクルに関係しています

通常髪の毛には、毛母細胞色素細胞があり、
毛母細胞がいわゆる髪の工場でどんどん細胞分裂を繰り返し髪の毛を形作っていきます。色素細胞は髪の色を作る工場で白髪はこの色素細胞が停止している状態です

なぜ停止するのか。

例えば、通常5年の成長期であった元気な毛があり、
この時、毛母と色素のパワーバランスが1:1とします。
この毛の活動が弱まり成長期が3年の毛に変わります。
そうなると毛母と色素のパワーバランスも0.5:0.5になります。
これがさらに進むと最終的には髪の工場(毛母)だけの機能が残ります

これには頭髪の役割が関係するそうで、頭髪は頭を守るのはもちろん、汗や皮脂や便などでは排泄できないもの(重金属など)を髪の毛というかたちで排泄することを担っています。ですから、色素を作らなくても体内の毒素を排泄するという任務を全うしようとしているんですね

白髪ってやたらとしっかりした毛なんだよね、ということをお聞きしますが、そうなんです。持ってる力を髪を作ることだけに集中した結果ですね☆

ここでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、白髪も成長期の乱れを整えるケアをしていけば予防や改善をしていける余地があるということになります。白髪というと老化やストレスで片付けられ改善することは難しいとどこか決めつけていましたので、この考え方を聞いて正直驚きましたし、嬉しかったです

余談ですが、もともとストレートヘアだったのになんだか最近癖が出てきた、というかたもこの成長期の細胞分裂の乱れによって髪の密度の偏りによりうねりや癖が出てきているようです。これもケアをしていくことで変化していく可能性を秘めています

最後に育毛ですが
抜け毛、白髪についてでの通り、成長期の乱れを整えていくためには、日々ケアしていくことが大切です

育毛剤に関しましては各社色々なアプローチで売り出しています。発毛促進、血行促進、細胞活性、幹細胞系、皮脂腺をコントロールなど様々でサロンでお勧めしているものもありますが、共通して言えることは
「朝晩2回、たっぷり使うこと、使い続けること」

高いからといって、もったいぶって使うと効くものも効きませんし、続けないと意味ないですし、最低でも半年は使わないと変化は感じにくいそうです。また、食生活や生活習慣を見直したり、ストレスを軽減したりすることや、これから特に気になる紫外線から頭皮を守ることも大切です。

そして、カラーリングやパーマなどの薬剤を使う時は、美容室で施術中や施術後に薬剤を頭皮や髪からしっかりと除去するケアをしてくれているか否かも、今後の美しい髪を保っていけるかにかなり大きな意味を持ってきます

育毛というと少し遠いイメージがあるかもしれませんが、薄くなったから、白髪が出てきたから始めるものと決めつけず、お肌のスキンケアと同じで日々ケアしていくことが重要です。洗顔したら化粧水をつけるように、シャンプーしたらスカルップトニックですね☆

色々な髪や頭皮の悩みがあっても諦めるのはまだまだ早い、ですね。

いつから始めても早すぎない、いつから始めても遅すぎない育毛ケア
しっかりとサポートできるようにこれからも随時情報をアップデートしていきます!

 

Nuffwebsite

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です