オーガニックについて(オーガニックコスメ編)

以前、オーガニックとオーガニックフードに

ついての記事を書きましたが今回は

オーガニックコスメについてです

 

日本の自然派、オーガニック化粧品は

近年、敏感肌の女性が増加していることや、安心・安全志向が高まっていること、

エコやロハスなど環境を意識したライフスタイルを重視する消費者の増加と共に

徐々に拡がりをみせています

 

[日本におけるオーガニックコスメの流れ]

オーガニックコスメにもブームがありました

1990年~第1次ブーム

海外の大型ブランドが日本に参入します

ここから安心・安全な商品を求める傾向に。

(敢えてカタカナで記載します)

ジュリーク、ニールズヤードレメディーズ、ラカスタなど

 

2000年~第2次ブーム

オーガニックとファッションもイコールと

なる流れが始まり、急速に広がります

海外の中小オーガニックメーカーが参入し

国内の企業も相次いでオーガニックコスメを

発表します

アヴェダ、ジョンマスターオーガニック、イソップなど

 

2010年~第3次ブーム

オーガニックがもの、ものづくりからライフスタイルという考え方に移行。

2005年の薬事法緩和以降、各メーカー”オーガニック系”商品を相次いで発売

プロダクト、ローランドなど

 

私自身、この”オーガニック系”、”ナチュラル系”、”ボタニカル系”があることで

オーガニックの曖昧さが抜けきらなかったのですがここでこの3つの定義についても

触れておきたいと思います

 

ピラミッドでイメージすると

底辺がボタニカル、中段がナチュラ

上段の先端部分がオーガニックです

 

オーガニックの定義

*第三者期間の認証を取得

*有機栽培法などの基準に基づいて栽培された植物を使用

*オーガニック認定成分を配合し、化学成分不使用または極力排除している

*環境に配慮された製造、包装を行っている

 

ナチュラル(自然派、天然)の定義

*ブランドラインナップの大部分に自然、植物素材を用いている

*植物由来の成分を多く配合し、コンセプトとしてナチュラルを訴求する

 

ボタニカルの定義

*一部植物由来成分を配合し、植物の力を引き出すことを謳っている

 

オーガニックの定義にある認証ですが

オーガニックフードについては

有機JASマークがオーガニックの記事と

お伝えしましたが、現段階では日本で定められた

オーガニックコスメの公的認証期間は存在しません

*日本オーガニックコスメ協会から私達が

安心安全なオーガニックコスメを選びやすくする目的として

「JOCA推進マーク」が発行されていますが、

推奨であり認証ではありません。

 

世界のオーガニック認証期間は

国ごとにも様々な種類があります。

 

オーガニックの認証期間(主要な団体)

 

ECOCERT(エコサート)

フランスの有機農法団体が定めた基準で

世界最大級のネットワークをもつ。

*95%が自然由来。

そのうち植物原料の95%はオーガニック認証原料である。

環境汚染の恐れのある成分を使わない。など

ドゥーオーガニック、オリジンズ、メルビータ、

キールズ(一部)、ローランドなど

 

COSMEBIO(コスメビオ)

フランスの認証基準。

エコサート基準を満たしたオーガニック化粧品に与えられる

*100%天然由来(植物、水、ミネラル)から構成されている、

植物成分の95%以上はオーガニック、動物実験を行わない、

遺伝子組み換えしていない。など

ドゥーオーガニック、フィッツなど

 

BDIH

ドイツ医薬品化粧品商工業企業連盟が定めた

世界初の自然派化粧品基準。

ナチュラルコスメティックメーカーとして

環境保護のための取り組みを実施する。

可能な限り、有機栽培または野生の植物から原料を採取する。など

ロゴナ、ラヴェーラ、ドクター.ハウシュカ、ビオトゥルムなど

 

SOIL ASSOCIATION(ソイルアソシエーション)

イギリスのオーガニック認証機関。

*過去5年以内に遺伝子組み換え植物が栽培されていないこと。

化学薬品、化学肥料、農薬を用いず栽培されていること。など

ニールズヤード、THREE(一部)など

 

ICEA(イチェア)

イタリアのオーガニックやエコ関連の消耗品の認定機関。

*石油由来原料の使用不可。動物実験の禁止。原料、容器の生分解性。

 

ACO

オーストラリアのオーガニック認証機関。

COSMOSに加盟。日本の有機JASはこれを基準にしている。

*植物原料の農場は3年以上農薬を使っていないこと。

栽培によって環境を破損しないこと。など

 

USDA

アメリカ農務省の統一基準によって製造されたものに付与される認証。  

*水を含まない製品の95%以上がオーガニック原料であること。

残りの5%も国が認めた合成物質、天然物質でなければならない。など

ジョンマスターオーガニックなど

 

NATRUE(ネイトゥルー)

ヨーロッパの化粧品メーカーが集まって発足

させたオーガニックコスメ機関。

*★の数でオーガニックレベルを表示。化学合成香料、

色素の使用は不可。石油系原料は使用しない。

ヴェレダ、ロゴラ、ラベラなど

 

Vegan(ヴィーガン)

Vegan Societyが発行する、絶対採食主義者の基準。

*動物由来原料を使用しない。

(牛乳や卵、蜂蜜、絹等由来の原料も不可)

動物実験を行わない。動物由来DNAの遺伝子組み換えを使用しない。

ラッシュ(一部)、オリーブリーオーガニクス、ヴェレダなど

 

Vegan(ヴィーガン)[VEGetariAN]とは

1944年にイギリスにおいてヴィーガン協会の協同設立者である

ドナルド・ワトソンによってつくられた言葉で

当初、酪農製品を食べないベジタリアンの意味から、1970年代には

動物由来の脂肪やたんぱく質を使わないという意味になったようです

ヴィーガンとは絶対菜食主義者、純粋菜食主義者のことで

ベジタリアン(菜食主義者)が、卵、乳製品、蜂蜜などを食べるのに対し

ヴィーガンはそれらも一切口にせず、革製品等食品以外の動物の利用も

避ける人々のことです。

 

余談ですが

ファッションにおいても純粋な毛皮の使用を避け、フェイクファーなどの

合成素材を活用している流れも広がってきているようです

 

 HARAL(ハラール)

イスラム法で許された食材や料理、化粧品などに付与される認証。

*豚由来、アルコール類(グリセリン脂肪酸、コラーゲン)の禁止

 

またCOSMOS(コスモス)

[COSmetics Organic and natural Standard]といって

様々な認証機関がある中、消費者の混乱を避けるため、

2015年5月に主要5認証団体

(ECOCERT、COSMEBIO、BDIH、ICEA、SOIL ASSOSIATION)が

国際NPO協会[COSMOS-standard AISBL]を設立されました。

オーガニックと自然化粧品の世界統一基準(COSMOS基準)を制定。

ヨーロッパおよび国際的レベルで策定されています。

2017年1月より加盟団体の認証は全てCOSMOS基準となり

各団体マークの下に「COSMOS ORGANIC」か「COSMOS NATURAL」が

入ることとなりました

 

COSMOSの基準として

*成分の由来および処理加工

原料(水、ミネラル、化学的に処理された農産物原料、

物理的に処理された農産物原料、その他原料)の提出。

物理的に処理された農産物原料の95%以上は

オーガニックでなければならない

*完成品の組成

完成品の20%以上はオーガニック成分であること

*保管、製造および包装

製造方法、保管方法が詳しい規定。

可能な限り環境への影響が少なく、リサイクル可能な材料を使用

*環境管理

製造過程における副産物、廃棄物に対する環境管理

*表示および情報伝達

消費者の誤解を招かない、明確なもの

*検査、認証および管理

正しく認証機関による検査が行われていること。

定期的な実地検査を行うこと

などがあります。

 

オーガニック、知れば知るほど、深い沼のようです。

 

世の中に溢れている肌、身体、環境に良さそうな

化粧品、シャンプーなどの中でオーガニック認証を受けているものは

まだまだ少なく、ほとんどがパッケージやイメージ戦略などで

売っているものが多いのではないでしょうか。

 

加えて2001年の薬事法改正以降、

それまでは危険成分表示の義務付けから全成分表示にかわり

何が良くて、何があまり良くないのか、、、

私たち消費者は本当に良いものを求めるために

かなり専門的な知識を要する必要があったり

専門的な知識を持っている’頼れる人’を求めているような気がします

 

*2001年薬事法改正について

1980年(昭和55年)に厚生省は、102種類の化粧成分をアレルギーを引き起こす

可能性があるものとして表示を義務付け、これを「指定成分」(現在は旧指定成分)と

呼ばれています。

以前はこれら102種類の「指定成分」だけを表示すれば良いことになっていましたが

表示指定成分以外にも危険性が高い物質もあり、私たち消費者への情報提供のため、

2001年4月に薬事法改正により、化粧品の全成分表示が義務付けられました

 

 

美容業界でもオーガニック認証をとった

パーマ剤やシャンプー剤など

本当にオーガニックと呼べる商品の発売が相次いでいます

 

以上、オーガニックコスメについての大まかな流れについてでした

 

何となく良さそうなオーガニック系なものを使うか

オーガニック認証を受けているオーガニック製品を使うのか。

ただ、オーガニック認証を受けている製品のシャンプーを使うと

髪の毛がギシギシにきしんだり、全然泡立たなかったり、、

確かに良いものだとは思うのですが、使用感も大切ですよね

シャンプーに関して言えば

水の次に多く使われている界面活性剤(全体の20~40%)にどのようなものが

使われているのかも知る必要があるのではないでしょうか

 

実際に使ってみて自分の肌や髪に合う製品を選んでいきたいところです

 

今回、遅ればせながら学び始めたオーガニックについてですが

まだまだ知らないことだらけで、今後もう少し専門的な知識を

深めていきたいと思います

 

私たち美容師がお伝えしていけることは

これからますます注目されていくオーガニックについてのことや

イメージ戦略や広告に惑わされない本当に肌や髪に良いもの

更に言えば環境にも配慮したシャンプーやスタイリング剤のご提案。

シャンプー剤に使われている洗浄剤である界面活性剤の正しい知識。

 

そういったことも遠回りのようでオーガニックなライフスタイルへの

取組みのひとつではないかと考えています

 

また、美容室でのカラーやパーマの施術において

続けていくことでの肌や髪に対する負担の軽減など多岐にわたりますが

オーガニックについても含め、少しずつお伝えしていけたらと思っています

 

お楽しみに☆

 

NuffのWebサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー初開催でした

こんにちは

 

ある日の定休日、Nuffにてセミナーが開かれました

静岡から熱い美容師6名の方々が参加されました

遠くからわざわざありがとうございます!

f:id:kuiserori:20171016110339j:image

ディーラーさん主催のこのセミナー

そう、セミナー講師は店主村岡です(^-^)

 

f:id:kuiserori:20171016110412j:image

サロンでも取り扱っているシャンプーの

メーカーさんが新しいパーマ剤を発売されました

 

シャンプー同様髪に負担をかけないのが特徴なのですが

髪の状態に合わせて薬剤を調合して使用したり

施術工程も色々と複雑だったりして、、、

 

その薬剤の検証を店主が託され

色々と検証してのち、今回のセミナーに至りました

 

f:id:kuiserori:20171016111834j:image

今回はお2人のモデルさんで

デジタルパーマとストレートパーマの技術講習です

 

デジタルパーマのモデルさんは縮毛矯正をかけて

毛先がブリーチ毛で毛先のダメージが進行していました

通常Nuffでは縮毛矯正をかけている方にデジタルパーマ施術は

オススメしていません。基本はアイロンで巻いてもらうよう勧めています

今回はモデルさんも美容師さんということもあり思い切った施術となりました

 

ストレートパーマのモデルさんは2、3ヵ月に1度縮毛矯正をかけていて

今回は最近広がりつつあるクセを曲げずに髪表面のキューティクルに

働きかけて伸ばす最新のストレートパーマです

 

f:id:kuiserori:20171016113122j:image

 

す、すみません。

 

写真も撮っていたのですが途中から私も技術に入ってしまい、、、

仕上がりの写真を撮りそびれてしまいました

 

どちらのモデルさんも通常ならかからないだろう

縮毛矯正毛に対してのデジタルパーマもかかり、

新しいストレートパーマも癖は完全に伸びきりませんが

乾かしただけでツヤツヤになり本人も喜んでいました

 

セミナーの中では店主が日々大事にしている

技術についての考え方なども交えながら進んでいきました

 

私も日々店主の理論は聞いているつもりでも

改めてこういった形で話を聞いて勉強になりました

 

 今回は店主がセミナー講師に至ったのは30年近い

美容師キャリアの中で培った技術や薬剤に対しての独自の理論を

しっかりと持っていたことで新しい商材が入ってもそこから理論づけて

きちんと対応していけるのではないかと考えていました

 

Nuffに入って約6年半が経ち恐らく今までにないくらい色々な薬剤を

使いました、そして検証しました。それは今も続いています

 

ただやみくもに試すということではなく

今のお客様の髪の悩みに答えられるものはないかと

常に考えていると、何故か出会ってしまうものなんですね。

そしてそれはまた簡単には扱えない厄介な薬剤だったりしますが

それもとてもやり甲斐があり楽しい時間です

 

それまでの自分の美容師としての仕事がいかに感覚的であったのかと 

考えさせられる程、薬剤に対しての知識も店主から沢山教えて貰いました

 

店主の知識や考え方も日々進化しているので6年前と今とではある意味

全く違うことを言っているということもあったりします

 

ただこれは時代も変化し求められることお客様の髪も少しずつ変化していく

それにどう対応していくか。それを常に考えながら1歩先を見据えて

ご提案できるかということにかかっているのではないでしょうか

 

セミナーが終わって何日か後、セミナーで使った薬剤での検証をしました。

新たな調合レシピでの検証です  

 

今回、別のサロンの方々と勉強会をしてちょっとしたサロンでの

お話なども伺いながら日々奮闘されている様子も垣間見られ

また皆さん本当に良い方達ばかりで気遣いも素晴らしくて

やっぱりこうゆう方はお客様にも信頼されているんだろうなと

感じたり貴重な体験をさせて頂きました

 

セミナー開催を企画してくださったディーラーさまに感謝です(^-^)

 

Nuffではこれからも

行くたびにどんどん美しくなるサロン

あり続けるために日々進化していきます☆

 

 

NuffWebサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーガニックについて

こんばんは。

先日の休みの日を利用してオーガニックについての勉強会に参加してきました

f:id:kuiserori:20171003182234j:image

 

オーガニック、ナチュラル思考などというフレーズを目にする機会が

最近多いのですが自分自身はオーガニックについての知識が

曖昧な部分もありましたが今回学んで大まかな流れを知ることができました

 

今回はこちらで学んできました「オーガニック」についてまとめました

 

まず「オーガニック」とは有機栽培のこと。

農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術に頼らず、太陽や土、微生物など

自然界の力を活かした農法のこと。またそれで出来た植物のこと。

 

ただし近年ではそれだけではなく、地球環境のことを考えたモノ作り

持続可能な取り組み、安心・安全な商品作りなど人と環境の健康を

考えた思考や生き方オーガニックと言います。

 

このオーガニック、[世界]に目を向けますと元祖オーガニックはとヨーロッパ

と言われ、大気汚染問題、資源の大量採取、原発事故などを背景に

「環境に配慮した持続可能な産業」の一環として行政が主体となって

広がっていきました

 

ヨーロッパから広がったオーガニック思考の1つに

スローフードがあります

 

スローフードは1986年にイタリア北部ピエモンテ州で始まり

ファースドフード店の大量生産、大量流通からくる食の均一化に反して

地方ごとの豊かな食文化を見直し食を通して人としての心豊かさを

取り戻していこうという運動です

 

大事にしている基本的な考え方が

1、消えつつある郷土の伝統的な料理や質の高い食品、地酒(ワイン)などを守る

2、質の高い素材を提供してくれる小生産者を守る

3、子供たちを含めたすべての生活者に味の教育を進めていく

 

これってなんだか日本の地産地消に少し似ているような、、、

 

ヨーロッパとは対象的にアメリカではジャンクフードとヘルシーフードなど

食文化の二極化が進みました。そして自分や家族の健康のために安心・安全な

ものを食べたい、使いたいという消費者が主体となって広がっています

こうした個人発信のオーガニック思考は

市場規模がどんどん拡大していると言われています

 

アメリカでは1990年代にコロラド州でうまれた

ロハスという考え方が広まりました

ロハスとはLifestyle oHealth and Sustainabilityの頭文字をとって

LOHASです

 

健康と地球の持続可能性を思考すること。またエコロジーとエコノミーの

バランスをとる生き方とのことですが、、、

 

カタカナだらけでこんがらがってきました。

 

エコロジー(ecology)生態学のことで、生物の生活や環境学との

関係で「環境に良い」という意味

 

エコノミー(economy)は経済のことで環境と経済は繋がっていて

どちらか一方だけが発展してもうまくいかず、環境問題を世界中で解決していく

ことで世界の経済も発展して人々が安全で豊かな生活を送れるようにという

思いがこめられています

 

エコという言葉はこのエコロジーとエコノミーのどちらかか

または両方を指す場合が多いようです

 

スローフードロハスともに現在では世界中に広まり、

日本でもそのフレーズを耳にする機会が増えましたね

 

次に

 

では[日本のオーガニックの歴史について]

オーガニックフード分野における運動です

1960年代〜オーガニック1.0

日本は高度成長期の背景もあり農業も機械化や大量生産、近代農業を推進。

農薬の使用など農業が進み始めた方向に問題を感じ、根本的な変化の必要を察した

多くの先駆者達が無農薬、無科学肥料土作りを唱えた有機の原点と言われる

創始者の時代です

(1962年 農業基本法)

1970年代~環境問題が大きく取りだたされます

(1970年代 水俣病イタイイタイ病や大気汚染による呼吸器系疾患などの

深刻な健康被害)

 

1980年代~オーガニック2.0

オーガニックの形、基準をつくっていく流れ

先駆者達が作り出した文書や農業体制が基準や規定制度という形に

まとめられていった段階です。この頃民間の自主基準、公的規制、

世界的評価の設定が進みます

(1990年代 環境ホルモン問題)

(1993年 環境基本法)

 

2000年代に入り自主基準作りが更に進みます

(2001年 有機JAS法規格)

(2003年 食品安全基本法)

(2006年 有機農業推進法)

 現在日本で有機○〇、オーガニック○○とうたって良い食材は

有機JAS規格のものに限られています

 

2010年代~オーガニック3.0

オーガニック運動の第3段階

有機を主流にし、地球と人が直面する問題の解決に不可欠な手段の1つとして

有機体型を促し持続可能な方向へ広がりをみせています

2011年の東日本大震災を受けて、

また原発問題などもあり、より食に対する安全や判断基準を考える

きっかけとなった方も多かったのではないでしょうか。

 

次に[オーガニックとオリンピック]

2020年に東京オリンピックを控えている日本ですがオリンピックと

オーガニックの関係は特に2010年ロンドンオリンピックから注目されていて

食材調達や資源調達の優先事項が定められています。

<食材調達>

1、オーガニック食材

2、農業と福祉が連携し生産している食材

3、国際認証を得ている食材

<資源調達>

1、競技場建設時の環境への配慮

2、温室効果ガスの削減

東京五輪では特にオーガニック食材の調達が

課題としてあげられているようです

 

[世界のオーガニックフード市場]

2016年現在、全世界のオーガニック市場規模は

約10兆円といわれ1999年~2014年の15年間で約5.3倍に拡大しました

 

世界で最もオーガニック食材が占める割合が多いのはデンマークの7.8%。

次いでスイス、オーストラリアと続き日本は10位の0.25%で

1人あたりのオーガニック購入額もスイスの22ドルに対し日本は8.8ドルに

留まっています

 

 

以上大まかなオーガニックの歴史についての流れでした

 

 

私自身はオーガニックというと仕事帰りにたまに立ち寄る表参道近くにある

ナチュラルハウスが頭に浮かびます。有機栽培などの文字がよく見られるので

健康に良さそうなイメージはありますが、いつも見るだけ、、、

 

やはり手間暇かけて作られている分普段買っている野菜の値段と比べると

値が張りますが、やはりこれもどういうライフスタイルかを選ぶって

ことなんですよね。

 

日本のオーガニック食材どうなっていくのか。東京オリンピックの食材調達

どうなるのかとても気になるところです

 

ちょっと長くなってきましたのでオーガニックコスメの記事は次回書きます

 

f:id:kuiserori:20171003215157j:image

セミナー前にたまたま友人と行ったビーガン料理レストランのランチ

身体に優しいお味でした。。http://eightablish.com/restaurant/

 

 

NuffWebサイト